So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

サッカー海外組の活躍 [スポーツ]

昨日、ちょんまげの起源に迫るべく、

学術性の高いブログを書いた。(笑)

 
 起源といえば、「始まり」 について、前からずーっと気になっていた事がある。

それは、多くの選手が海外で活躍するサッカーだ、

と言ってもサッカーの起源が気になるわけじゃない、

スポーツニュースとかでよく聞く 「A選手がゴールの起点となる活躍!!」 の起点って?

気になる!

 
「A選手がペナルティエリア直前までドリブルで突破、左からエリア内に切り込んできたB選手に
相手ディフェンダーをかわしパスをだす、B選手が見事ゴール!」

  ナイス! A選手の活躍あって、みごと逆転!


「A選手がセンターサークル付近から、タッチライン際のB選手にパス、ゴールライン手前まで
ドリブルで上がっていきセンタリング、C選手がそれを頭で合わせ、見事ゴール」

 攻撃に参加してる感あるよね


「A選手がタッチライン際で前方にいるB選手にパス、B選手ドリブルで進み、シュート!
惜しくもキーパーにはじかれる、が、ボールはペナルティエリア内に転がる、
すかさずC選手がシュートするも、相手ディフェンダーの好セーブにより再びボールははじかれ、
D選手の前に、見事D選手がゴール!」

 起点って! もう何が何だかわからない


もちろん どれも実際にキャスターが A選手起点って言ったやつです。


僕はそれほどサッカーに詳しくない、

戦術とかにも詳しい人がみれば、何か「起点」についての一定の基準のようなものがって、

納得できるのかも知れない、あるいは詳しい人同士が雰囲気的に「起点だ、」 「起点じゃない」

を感じ取る空気みたいなものがあるのかもしれない。

「なんかすがすがしいよね!」 的な 「なんか今の、起点だよね!」 「そうだね!」 みたいのが。


かなりいい加減な記憶だが、サッカー選手が海外に進出しだしたころからそれが気になりだした気がする。

TV番組が、海外のチームで試合に出場することができた日本人の頑張っている姿を少しでも良く

伝えようとした結果、「攻撃の起点」 というワードが活躍するようになったのだろう。

なんであれ、日本人としてはうれしいことに違いはない。

次のワールドカップではもう少したくさん試合を見せてくれ、JAPAN!

                   (当然ですが、あくまで個人的な感想です。)         


<スポンサーリンク>







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。